会社概要

ご挨拶

 

弊社は、昭和10年に製材工場として創業し、昭和34年に木製型枠の製造に着手して以来、「一貫生産体制」の工場として今日まで歩み続けてきました。また、昭和47年から住宅用パネルも開始し、現在も当社のもう一つの柱になっております。
さらに、近年深刻化する人手不足や、環境問題の中、当社のパネル事業は、現場の省力化と、廃棄物の削減の切り札として、ますます注目されています。

どんなに技術が進化しても、建物や構造物に合わせてつくる型枠・住宅パネルは、現在もその工程の大部分は、人の手によって形づくられます。だからこそ私たちは、人材力と技術力を受け継ぎ、磨き続けることを大切にしています。
 

創業以来80年を越える豊富な経験に裏打ちされた確かな技術力が、私たちのパワーの源泉であると確信し、私たち大貫木材工業は、これからも社員一同が力をあわせて、型枠・住宅パネル事業のさらなる成長を通じ、社会に貢献してまいります。
 

大貫木材工業株式会社
代表取締役 大貫健治

会社沿革

 

創業期:木製型枠の製造を開始 工場直販体制

昭和10年:大貫定平、製材・木履製造業を個人創業

昭和20年: (有)大貫木工所設立
昭和34年:木履製造中止、木製型枠製造開始
昭和42年: 合板型枠製造開始

成長期:技術力と発想力

昭和47年:プレハブ住宅用パネル部材、製造開始
      (有)大貫木工所を大貫木材工業(株)に改組
      大貫丈夫、代表取締役社長に就任
      製材工場棟新築
昭和48年:第一加工場棟新築
昭和49年:プレハブ住宅建築部門操業開始
昭和50年:会議室休憩室棟新築
昭和53年:第二加工場棟新築
昭和56年:事務所棟新築
昭和57年:プレハブ住宅建築部門を分離独立し、(有)オーエム住宅設立
昭和61年:第三加工場棟新築
昭和62年:第四加工場棟新築
昭和63年:第五加工場棟新築
平成3年:設計部門にCAD/CAMシステム導入
平成4年:乾燥工場棟新築
平成7年:会議室休憩室棟新築 第六加工場棟新築
平成12年:事務所等新築
平成15年:木造住宅用パネル/部材製造開始

発展期:お客様に信頼され、期待される企業

平成16年:大貫健治、代表取締役社長に就任

     大貫丈夫、代表取締役会長に就任

平成20年:経営理念を定める

平成20年:全社にて人材教育の取り組みを開始

平成27年:創業80年を迎える

住 所 栃木県鹿沼市加園548番地

    〒322-0252

    TEL(0289)62-7345

    FAX(0289)64-1651

商 号  大貫木材工業株式会社
代表取締役社長 大貫健治
本店所在地 栃木県鹿沼市加園548番地
資本金 1,000万円
創 業  昭和10年

会社設立 昭和29年2月8日
組織変更 昭和47年12月16日
従業員数 役員4名 従業員40名
営業品目     
  Ⅰ.建築・土木用型枠の製造販売
  Ⅱ.住宅部材の製造販売
工場敷地面積 12,000㎡
取引銀行  足利銀行鹿沼支店

栃木県鹿沼市加園548番地  〒322-0252
TEL:0289-62-7345  FAX:0289-64-1651